産婦人間科の通院でイラッとしたことは実は意外な事が残る

婦人間科系の病の治療の結果、産婦人間科に通っています。故郷で有名な産婦人間科だ。その日は土曜日だったということもあり、特に混雑してました。控え室では、立ってる妊婦くんもいらっしゃいました。とある妊婦くんが3才くらいのお子さんを連れて来院していました。妊婦くんは座ってお子さんは立っていました。その妊婦くんのおかあさんの右側となりには別の妊婦くんの付き添いと思える高齢の女の人が座っていました。驚いたことにその女の人は、その妊婦くんの左側となりに座っている患者くんに「キッズを立たせるなんて可哀相でしょ。行事をゆずってあげなさい」と話しかけました。おとなしそうな患者くんで、「すいません。以上心掛けます」と言いながら行事をのぼりました。さらに驚いたことに、お子さんの女房は、その譲ってくれた患者くんには感謝を言わず、高齢の女の人にだけ感謝を言いました。患者くんより付き添いの人間が優先して陣取るのが常識と考えている人間たちを見て、イラっとしたと同時に、有名な産婦人間科なのに人混みときの控え室の使い方に対する世話呼びかけも乏しい現状に儚くなりました。君たち、どうか産婦人間科の付き添いの場合は、患者くん優先で座れるような心づかいをお願いします。http://xn--n8jtcuas0836d1p3ao6za.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です